部活

今週のお題「部活」

中学の時はある運動部に属していたことがある。実はフラフラしている山野井議員と同じ部であった(数ヶ月)。
でも、すぐにやめた。上下関係が嫌いだったから。
そういえば、山野井議員は背は低いものの人望厚く、山野井さん、山野井さんと呼ばれていたような気がする。僕は同学年の部員も吉田先輩も嫌いでしかたがなかった。顧問の教師も嫌いだった。


高校生になったら水泳が得意なので、水泳部に入るつもりだったが、高校にはプールがなかったので近くの小学校に泳ぎに行っているのであった。なのでめんどくさくて入らなかった。
将棋部に籍を置いた。それまで将棋など真面目に指したことがなかったので、習いたての小学生のような手ばかりを指していた。
入門書を一冊読めば、それなりになるよと言われ、一時期それなりの(将棋をしていない同年代の人なら軽くいなせる程度)には強くなった。


本当に興味があったのはマルクス主義だった。はやく大学で、マル経か何か勉強して、マルクスのことなら任しとけ、と言えるようになりたかった。けど、そんなことを勉強する「部」など高校にはなかった。


大学でも将棋部に籍を置いた。小さな大学で、社会科学系の「研究会」のようなサークルはなかった。(あったらしいけど第四インター系で、なおかつ廃部状態) 興味はなかったけど部落研はすでになく、解放研がときどき石川さんを返せと叫んでいた。


同じ学科の先輩は就職のためにテニス部に入った。
軽蔑した。
だけど、就職の応募要項には「部活」での成績や地位を書く欄があって、将棋部の幽霊部員に過ぎない僕は学業成績も悪くて、もう取り返しがつかないのであった。

▼クイズ:日本、堂々の一位に輝く

それでは、画像の関係で、最下位から9か国ずつ見ていきましょう。
ブルガリア、モロッコ、スペイン…と左から右に行ってます。最下位はブルガリアということです。
あるアンケートへの解答で、

完全に同意する
概ね同意する
概ね同意しない
まったく同意しない
その他

という回答になっています。





次の下位9ヵ国。

完全に同意する
概ね同意する
概ね同意しない
まったく同意しない
その他





中位9ヵ国。

完全に同意する
概ね同意する
概ね同意しない
まったく同意しない
その他




そろそろ中上位9ヵ国

完全に同意する
概ね同意する
概ね同意しない
まったく同意しない
その他




上位9ヵ国+2ヵ国

完全に同意する
概ね同意する
概ね同意しない
まったく同意しない
その他




第3位はアメリカを抜いて、エジプトでした! 堂々の金メダルは日本です。

完全に同意する
概ね同意する
概ね同意しない
まったく同意しない
その他


つまり、日本は完全に同意する、と概ね同意するが最も少なく、「同意しない」群が一番多かったのです。
いったい何のことでしょう?


答え:この設問に対する答えです。http://www.pewglobal.org/files/pdf/258.pdf#95
「自分自身の面倒が見れない非常に貧しい人々の世話をするのは、国か政府の責任だ」という考えに同意しますか?

赤旗創刊号

1928・2・1 第一号
赤旗 月二回発行
日本共産党
中央機関紙
☆創刊の辞
☆二月十日に全国に労働者貧農の大示威運動を組織せよ!
☆各工場に大集会を開いてプロレタリアートの威力を集結せよ!
☆党の戦略上における日本プロレタリアートの地位
☆総選挙に対する日本共産党の態度
☆編集後記

創刊の辞
 全国の革命的労働者貧農諸君!
 日本共産党の中央機関紙「赤旗」が、ここに生れた。決死の覚悟を以てブルジョワと闘争する革命的前衛なくして、労働者貧農の真の階級的勝利はあり得ない。
 日本プロレタリアートの最も優秀な、最も戦闘的な前衛分子の革命的隊伍たる日本共産党は、過去七年にわたり、常にあらゆる闘争の先頭に立つてきたが、今日はじめて、この「赤旗」を通じて大衆の前に公然現われ、プロレタリアートの厳格なヘゲモニーの下に、全勤労民衆のあらゆる革命的闘争を指導し組織する任務を最も忠実、最も勇敢に遂行せんとするものである。
 日本共産党は、この「赤旗」を手にする、あらゆる革命的労動者貧農諸君を通じて、最も広汎なる大衆に向つて、吾党が、革命的政策を告げる。あらゆる工場、あらゆる農村において闘争する諸君は、ブルジョワ及び地主2を徹底的に打ち倒す政治的基準を学びとるであろう。わが「赤旗」は、諸君自身の機関紙である。諸君のあらゆる革命的闘争は、最も敏速に最も尖鋭にこの機関紙に反映させねばならぬ。
 わが「赤旗」はプロレタリア階級軍隊の進撃の先頭になびく軍旗である。本紙は、ブルジョワ及び地主の反動政治の下において、非合法新聞として秘密に印刷され、配布される。だが、最も忠実に階級闘争の戦場に働く諸君に対して必ずや何らかの方法にて、何人かが連絡し、諸君の見解を自由に、革命運動の中心機関紙たるこの「赤旗」に発表せしむるであろう。
 労働者貧農大衆の政治的な大衆的奮起は、第一回普通総選挙を契機として益々高まつてきた。ブルジョワ及び地主の反動政策も益々激烈となりつつある。いかなる迫害をも恐れず、いかなる一身の利害をも顧みざる革命的前衛の隊伍たる共産党、世界革命の一枝隊として世界プロレタリアートの勝利を目する共産党の活動と指導とは益々必要である。共産党員と革命的労働者貧農、広汎な大衆の間は益々密接に結びつけられねばならぬ。これによつてのみ全勤労民衆の勝利が確実となるのだ。
 全国の革命的労働者貧農諸君!
 わが「赤旗」は諸君を通じて大衆の間に、吾党の革命的政策を伝播し、また、諸君を通じて大衆の要求を吸収する組織者である。諸君は、この階級的任務を最も忠実に果せ!
 プロレタリアの革命は不可避であり必然である。その遂行者は前衛に指導される労働者及び貧農である。
 わが「赤旗」は、日本プロレタリア革命に偉大な貢献をなすことを期す。
 ブルジョワ独裁国家を破壊してプロレタリア独裁国家を建設せよ!
 第三インタナショナル万歳!
 日本共産党万歳!
 日本革命的労働貧農万歳!
 日本プロレタリア革命万歳!

柳ヶ瀬孝三氏

柳ヶ瀬 孝三氏立命館大学名誉教授・経済学)
2015年1月15日死去。70歳。京都市出身。
基礎経済科学研究所理事長、日本私立大学教職員組合連合委員長など歴任。

すごく若かったのに。
ご病気だったそうです。ご冥福をお祈り申し上げます。

▼ネオナチの支配する日本を厭う人は共産党へ

日本共産党の躍進を願う

今日日本の支配層はネオナチを使ってでも可という思想になってしまっている。ネオナチの支配する日本なんて、どこぞの独裁国家と五十歩百歩。2014総選挙は共産党を推薦したい。




以下は、共産党の政策というわけではなく私の走り書きです。念のため。

消費税依存をやめるべし

逆進的で、生活困窮者からも税をむしりとる消費税自体にもともと反対。消費税への依存をやめ、法人税所得税をきちんと累進的にすること。
社会保障の財源に、というのは、社会保障の概念を汚すもの。


日本社会保障史で最も恥ずべき最悪の法、社会保障改革推進法路線も撤回すべし。


集団的自衛権閣議決定は撤回すべし

アメリカの戦争に参加するための決定にほかならぬ「集団的自衛権行使容認」は直ちに撤回すべし。
秘密保護法も廃止できる国会に!


沖縄から米軍新基地は出て行け

少なくとも普天間基地の即時返還、辺野古への移転も新基地も反対。


アベノミクスは富裕層と財界・多国籍企業奉仕

書くのも面倒くさい。
そりゃ財界と多国籍企業からすると「この道はおいしい」。消費税と国債依存から脱却するには、富裕層・富裕団体にそれなりの「社会的責任」を果たしてもらうこと、彼らの優遇を止めること、多国籍企業に国際的な規制を(人権・人道やエコの立場から)かけること。そこから始めねば。


原発再稼働やめろ

日本で原発無理。目先の儲けのため、原子力村の存続のための原発は即刻廃炉に着手すべし。廃炉だって立派な仕事になるだろ。
あと、民間太陽光発電の切捨てはひどい。きちんと責任を取り、太陽光も活用すること。

政治腐敗

企業団体献金憲法違反の政党助成金を禁止・廃止すること。